まるごとアドリブ

ジャズの知識ゼロで「アメリカ唯一のジャズ専門音大」に留学したドラマーの奮闘記。

まるごとアドリブ

知識ゼロでジャズ留学をした僕がジャズの聴き方をざっくりと紹介する

どうも、『ジャズドラマー』のマルヒロです。

ジャズ鑑賞って「知ってたらかっこいいけどいまいちとっつきにくい趣味」ランキングの上位に食い込むと思うんですよ。

 

僕もジャズ留学を決めた段階ではジャズのことよくわかってなかったし、別に好んで聴いてもいませんでした。(それでよく留学したなって自分でも思います。)

でも実はジャズって、聴き方さえ分かればそんなに難しい音楽じゃないんです!

今回は、ジャズを聴いたことがない人でもジャズを楽しむために必要な、ジャズの仕組みと聴き方について解説していきます!

スポンサーリンク

 

 

ジャズは完全なアドリブ演奏ではない?

ジャズを演奏しているというと、「ジャズって楽譜なくても即興でできるんでしょ?」なんて言われます。これ、半分正解で半分間違いです。

 

例えば普段の会話って即興ですよね?

そのときの話題に合わせて、その場で自分の知っている言葉を組み立て文章を作り、その文章をお互いに投げ合ってコミュニケーションをとると思います。

 

みなさんがそうやって即興で話せるのは、日本語に長年触れてきた中で様々な言葉や言い回しを吸収してきたからですよね?

みなさんが会話で使っている日本語の大半は、過去に何らかの方法で記憶した言葉やフレーズの組み合わせで成り立っているんです。

 

ジャズもそれと同じです。

 

演奏中の大半は即興ですが、その内容はそのミュージシャンがそれまでに触れてきたフレーズの組み合わせです。

ジャズミュージシャンは、その場で求められている音は何かということを察知し、それに反応して自分が知りうるフレーズの中から適切なものを選択・演奏しているのです。

 

あと、普段の会話の中で変な造語や「事故ダジャレ」が生まれた経験ってありませんか?

マルヒロの顔

あとは言葉を噛んで変な感じになるとかね

 あれって確かに恥ずかしいものかもしれませんが、そのおかげで笑いが起きたり、思わぬ方向に話が展開したりしますよね。

 

ジャズでも同じように、演奏中に誰も聞いたことのない面白いフレーズやへんてこなフレーズが偶発的に生まれることがあります。

それに対して周囲のミュージシャンがどう反応するか、なんていうのもジャズならではの見どころです。

スポンサーリンク

 

基本的な構成は【お題⇒替え歌⇒お題】

ジャズにおけるアドリブを日常会話になぞらえて説明しましたが、どんな会話も話題がなければ続きませんよね?

それと似たように、スタンダードなジャズ演奏においては必ず「お題」になる曲が存在します。

 

そのお題が提示されたあと、そのお題となる曲のコード進行(伴奏)は変えずに、その伴奏の上で各ミュージシャンが順番に新しいメロディを作っていきます。

 

例えるならちょっと難しい替え歌です。

 

替え歌は元のメロディをキープして新しい歌詞を乗せていきますが、ジャズのソロは元の伴奏をキープして新しいメロディを乗せていきます。

 

これがアドリブソロという部分になります。

アドリブソロを演奏しているミュージシャン以外の人は、お題の曲のコードを繰り返し演奏しながら、たまに相槌のようなフレーズをアドリブで入れて盛り上げます。

 

ここからは一つ具体的な音源を聴きながら説明します。

ハイ・ホー - デーブ・ブルーベック

www.youtube.com

【お題の提示】0:00~0:28

歌詞で言うと「口笛を元気に吹き鳴らし・・・」の部分から16小節分演奏した後、サビの「ハイ・ホー」の部分を16小節。これがこの演奏におけるお題となります。

【一人目のソロ】1周目:0:29~0:55  2周目:0:56~1:24

サックスのソロが始まります。

ソロの部分に合わせてお題のメロディを「♪ハイホー、ハイホー」って口ずさんでみると、本当にお題と同じコード進行を繰り返しているだけだということがわかると思います。

【二人目のソロ】1周目:1:25~1:50 2周目:1:51~2:19 3周目:2:20~2:45

ピアノがソロを取ります。

ソロはあくまで替え歌のような感覚と言いましたが、ピアノソロの途中で原曲のメロディをなぞっている部分があったのに気づきましたか?

どこまで原曲のメロディをなぞって、どこまでオリジナルのメロディにするかのバランスは、ミュージシャンによって変わってきます。

 

【三人目のソロ】1周目:2:46~3:13 2周目:3:14~3:40

ドラムがソロを取ります。

ドラムソロの場合はほかの楽器が演奏を止める場合が多いです。

そしてうまいドラマーであればあるほど、ドラムで原曲のメロディをなぞっているのが聴こえてきます。

試しにメロディを口ずさんでみてください。意外とリズムや音程が本来のメロディと合っている部分が多いと思います。

【お題のおさらい】3:41~4:07

最後に原曲のメロディを演奏して終わるのが一般的な構成です。ここではピアノが冒頭に演奏したメロディを少しアレンジしながら弾いています。

【エンディング】4:08~

お題のメロディをおさらいしてそのまま終わるのは味気がないので、最後にドラムソロとお題の一部を付け加えて終わらせていますね。

エンディングに何をするか、というのはミュージシャンのオリジナリティの見せ所で、聴き手が楽しみにするポイントのひとつです。

結局楽しむポイントはどこよ?

お題のアレンジ具合

冒頭と終盤で登場するお題のメロディは、ミュージシャン本人が作る場合と、別の人が作ったすでに多くの人に知られているものを使う場合があります。

 

今回の「ハイ・ホー」はまさに後者です。

 

そのみんなが知っているメロディが、演奏者によってどのようにアレンジされるのかという部分はかなり重要な注目ポイントです。

ソロの組み立て方

ミュージシャンによってソロの取り方(替え歌の作り方)は様々です。

最初は原曲をなぞってそこから徐々に崩していくのか、それともいきなり崩すのか、コードを何周するのか、どういうテンションで演奏するのか、などといった要素に注目して聴くと楽しめると思います。

ソロをどうサポートするか

ソロを取っている人以外は、そのソロ演奏が盛り上がるようにいろいろな工夫をします。いろいろなリズムの合いの手を入れたり、あおるようなフレーズを弾いたり、逆に演奏を止めたり・・・。

 

そういった仕掛けに対して、

ソロを演奏する方がどういう反応をするのか。

はたまたソロに対して周りはどういう反応を示すのか。

という部分は即興演奏ならではの醍醐味だと思います。

全体の構成

今回例として取り上げた「ハイ・ホー」は、かなり構成がわかりやすかったと思います。

曲によっては、お題となるメロディがアレンジされすぎて原型を留めていなかったり、エンディング部分がもっと長かったりします。

さらに同じ原曲でも、演奏者によってテンポや拍子が変わることもあります。

 

そういった全体的な楽曲構成のミュージシャンによる違いを楽しむのもジャズの楽しみ方の一つです。

もしもジャズ鑑賞に興味がわいたら

 知っている原曲のジャズ演奏を聴こう

今回挙げた「ハイ・ホー」のように、お題となるメロディを知っていれば、【お題⇒替え歌⇒お題】の構成がわかりやすくなります。

だからこそ、初めてジャズを聴く際は自分が知っているメロディのものをおすすめします。

 

特にディズニー、ジブリ、アニソンのジャンルではたくさんのジャズアレンジが出ているので、そういった曲から聴き始めるのも結構楽しいと思います。

自分の耳が惹かれるアーティストやスタイルを見つけよう

色々なジャズを聴いていく中で、直感的に「いいな」と思える演奏に出会えたらもうあなたはジャズ沼に引きずり込まれています。

「いいな」と思った曲を演奏しているアーティストのほかの曲や、そのアーティストが得意とするスタイルを調べて、好きな曲のライブラリを広げていきましょう。

ジャズ鑑賞に興味がわかない場合

大丈夫、安心してください。

モダンジャズはそもそも、高度な演奏技術と複雑な音楽理論の知識を試す遊びから生まれた音楽です。そもそもほかの人を寄せ付けないような複雑さを持つ音楽として生まれたのです。

興味がわかなくて当然といえば当然です。

今後どこかで再びジャズを聴く機会があった時に「いいな」って思ったら、その時またこの記事のことを思い出してください。

 

ジャズは決してかっこつけるために無理して聴くようなものではありません。

聴いていても退屈だと思うなら、無理せず自分が好きな音楽をたくさん聴いてください。最終的に大事なのは、ジャンル問わず自分が好きな音楽を楽しむことです。

 

ということで、初心者の方にもとっつきやすそうなジャズの聴き方や魅力をばばーっと説明してきました。

だいぶ長くなりましたし、文字の説明だけではなかなか理解しづらい部分もあると思います。そういった方はコメントで教えていただけたら、もっとわかりやすくなるように加筆・修正します。

 

この記事でジャズに興味を持ってくれた人が一人でも増えてくれたら万々歳です。